リサイクル法を正しく理解すること

悪徳業者のやり方

よく、家の玄関ポストに入っているチラシで「不用品回収します」などと書かれたものがあります。
しかしそれらの大半は悪徳業者と考えて間違いはないかと思います。特に料金の安さを謳っている業者は要注意です。無料といっていたのにトラックに乗せる寸前でいきなり運搬料などを請求されたり、新たな手数料を請求されたりすることもあるからです。
また、引き取ってもらえたと安心していたら近所に不法投棄されていたなどということもあるそうです。そういう場合は持ち主が罰金を支払わなければならなくなるので、結局高い料金を支払う羽目になることもあるというわけです。
電話一本で自宅まで引き取りに来てもらえるし代金もかからないし、などという甘い考えでいては足元をすくわれることになるので不用品処分はきちんとした手順をふんで処理をしていくことをお勧めします。

家電リサイクル法とは

家電リサイクル法とは、家庭や事務所などから排出されたエアコンやテレビ、冷蔵庫や洗濯機の4種類の家電に対して定められている法律です。
こういった家電から使える部品や材料をリサイクルし、資源の有効利用をするために作られているものです。
こういった家電を処分する場合は、状況によりやり方は異なるので注意してください。
一番簡単な方法としては、買い替え時に購入店に下取りしてもらうか、引き取ってもらえるように依頼することです。購入したお店が分かっていれば、処分してもらうことも可能だと思います。なるべく簡単でスムーズな方法をとられることをお勧めします。
あとは市町村に直接問い合わせても良いので、正しい処分法を知っておきましょう。


この記事をシェアする
TOPへ戻る