>

食材の見極め方を学ばせよう

季節に合った材料を知る

いつもスーパーに言っていれば、商品が変わることに気づきます。
家庭で食育をするなら、一緒に買い物に行ってください。
そして今の時期には、どんな生鮮食品が売っているのか伝えましょう。
旬の食材には、豊富な栄養が詰まっています。
効率よく栄養を摂取するため、旬の食材を使ったメニューを考えてください。
スーパーに並んでいる食材を見て、どんな料理を作るか考えさせてもいいですね。

毎日好きなものではなく、バランスも意識しなければいけません。
人間が生きるために欠かせない栄養も、学ばせてください。
野菜が嫌いな子供がいるでしょうが、野菜にはビタミンやミネラルなどの栄養が含まれています。
好き嫌いをしないよう、野菜の大切さを教えましょう。

1人で買い物に行かせてみよう

最初は親と一緒に、買い物に行かせてください。
するとスーパーへの行き方もわかりますし、どこにどんな商品が置いてあるのか、店内の様子も把握できます。
慣れたら、おつかいに行かせてください。
不安かもしれませんが、自分で食材を選んで、お金を払って買い物を済ませることができれば、食育が成功している証拠になります。

何を買わせるか、よく考えてください。
たくさんの食材を頼むと、重いので持つって帰ることができません。
未就学児でも簡単に持てるよう、軽いものや少ない食材を買ってきてもらいましょう。
子供を見守ることも、親の勤めです。
1回おつかいが成功したら、子供は自信を持ちます。
これから何度も行ってくれるでしょうから、頼んでください。



ページ
Topへ