>

家庭でできる食育とは

どんな過程があって完成するのか

料理は、作ってくれる人がいるからこそ食べられます。
それを子供に教えてください。
料理を提供されて、当たり前だと思うような人間には成長させてはいけません。
そのためには、自分で料理を体験することが最もいい方法です。
実際に料理を作れば、その大変さがわかるはずです。
これからはきちんと、作ってくれた人に感謝するようになるでしょう。

料理の方法も学べるので、積極的に家庭でお手伝いをさせてください。
野菜を洗ったり、かき混ぜたりするだけでも構いません。
そもそも未就学児に難しいことはできないので、簡単な作業を任せましょう。
幼い頃から料理を体験させていれば、興味を持ってくれます。
成長しても変わらず、お手伝いをしてくれるでしょう。

食育を成功させるために

お手伝いが、一過性のブームになっては意味がありません。
継続的に続けなければ、食育になりません。
続けるためには、子供を褒める意識が大切です。
お手伝いをしてくれたら、必ず褒めてください。
褒めることで子供は伸びるので、言われなくてもお手伝いをするようになります。
一緒に料理をすることで、レシピを覚えられるでしょう。

もう少し大きくなって、火も包丁も使えるようになったら、自分でレシピを調べて作れるようになるかもしれません。
クッキーやケーキなど、お菓子作りを一緒にするのもおすすめです。
お菓子の方が、子供は興味を持ってくれるかもしれません。
料理の方法や、作る過程での難しさを未就学児のうちに教えておきましょう。



ページ
Topへ