家庭でできる食育とは

料理の方法を教えることも、立派な食育の1つです。 積極的にお手伝いをさせてください。 まだ包丁を使うのは危険なので、皿洗いなどを任せましょう。 子供がお手伝いをしてくれたら、褒めてください。 褒められると子供は嬉しくなるので、進んで手伝ってくれるようになります。

食材の見極め方を学ばせよう

食育では、新鮮な食材の見極め方も教えます。 一緒に買い物に行くことで、実際に見ながら教えられます。 毎日一緒に行くと、季節によって商品が変わることを把握できるでしょう。 今の季節に、どんな食材が増えるのかも教えてください。 買い物に慣れたら、おつかいを頼んでもいいですね。

料理が完成するまでを教える

最近は、食育に力を入れている人が多く見られます。
食育とは料理を作る方法から文化、マナー、栄養などを学びます。
さらに食事に感謝する心も育てられるので、家庭でも実践してください。
料理の方法を言葉で説明しても、子供はわからないでしょう。
実際にお手伝いをしながら学ぶのがいい方法です。
未就学児にもできるお手伝いがあるので、積極的に料理へ参加させてください。
子供と一緒に作ることで、楽しく料理が進むでしょう。

また、お買い物へ一緒に行くのもおすすめです。
新鮮な食べ物の見極め方を知るためには、生鮮食品がたくさん販売されているところに行って教えなければいけません。
実際に見ながら学ぶと、子供はすぐに覚えられます。
今日の献立を考えて、それに必要な材料を購入できるようになるでしょう。
慣れたら、1人でおつかいに行かせるのもおすすめです。
1人でお店まで行って、商品を選んで買い物ができれば食育の成果が出ています。

食事のマナーは、未就学児の時に教えてください。
小学校に入ってもマナーをわかっていないと、周囲から敬遠されてしまいます。
マナーを守れないと
汚い食事の仕方になります。
それを見せられると、周囲も迷惑だと感じるでしょう。
正しいマナーを家庭で教えてください。
そのためには、親が正しいマナーを知ることが大切です。
自分がこれまで覚えていたマナーが、間違っていたかもしれません。
この機会に、自分もマナーを学び直してみましょう。

入学前に知っておくべきこと

家庭でしっかりと、食事のマナーを教えてください。 食事のマナーを知らないと、小学校に周囲に迷惑をかけてしまうかもしれません。 常識を問われるので、早めに食育を開始してください。 箸の持ち方や、食べる前にあいさつをするなど、基本的なことから教えましょう。


ページ
Topへ